川崎市内および隣接する横浜市、町田市の昆虫撮影記録です。 ◎掲載写真は自由にお使いください。連絡不要。


by ryoi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

livedoor ブログへ引..
at 2014-06-06 16:56
ツマグロハナカミキリ
at 2014-06-05 20:30
ヒカゲチョウ
at 2014-06-05 18:50
オオウスベニトガリメイガ
at 2014-06-05 18:15
ウラナミアカシジミ
at 2014-06-05 15:53
エゴツルクビオトシブミ
at 2014-06-05 09:58
アトモンサビカミキリ
at 2014-06-05 08:17
イチモンジチョウ
at 2014-06-05 08:13
クロオビノメイガ
at 2014-06-04 15:28
ギンボシキヒメハマキ
at 2014-06-04 08:32
カタモンミナミボタル
at 2014-06-03 12:28
アトボシハムシ 2紋型
at 2014-06-03 11:31
ゼニゴギンガクニクバエ
at 2014-06-03 09:57
シロツトガ
at 2014-06-03 06:22
ホリカワクシヒゲガガンボ ♂
at 2014-06-02 07:44
ヒメアシナガコガネ
at 2014-06-01 09:07
キスジホソマダラ
at 2014-05-31 13:10
キシタホソバ
at 2014-05-31 12:32
アメイロカミキリ
at 2014-05-31 11:59
ハスジカツオゾウムシ
at 2014-05-30 10:35

カテゴリ

以前の記事

リンク

最新のトラックバック

ツマジロエダシャク
from 写ればおっけー。コンデジで虫..
お洒落な虫とそうじゃない虫
from in a pillar of..
キヤノン 採用
from サンドイッチよりラーメンだ
[鱗翅]虫ブログとヘリキ..
from yyzz2;虫撮記【虫画像・他】
カオグロオビホソヒラタア..
from ゴトウヒラタの戯言
瑠璃色地球楽譜
from 瑠璃色地球楽譜サイト
はじめまして
from マナブならcocoガイド
体長とは?
from チワワのしつけ徹底研究
R5 といえば
from R5?
RICOH といえば
from RICOH?

タグ

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カタモンミナミボタル

カタモンミナミボタル
ホタル科クシヒゲボタル亜科
ハムシかと思いいろいろ調べたがヒットしないので、触覚の形からホタルの仲間?
と調べたら
春夏秋冬昆虫写真館 に載せてありました。 感謝です。
b0070071_12260557.jpg
6,7ミリほどの大きさだった。
b0070071_12311922.jpg
(RICOH CX6)
両肩が赤っぽいのが特徴。
ホタルなので光るそうだ。



[PR]
# by ryoi4141 | 2014-06-03 12:28 | そのほかの甲虫

アトボシハムシ 2紋型

アトボシハムシ
2紋型 5ミリほど
食草→カラスウリ、アマチャヅル

b0070071_11294308.jpg
b0070071_11294475.jpg
b0070071_11294499.jpg
b0070071_11294399.jpg
(RICOH CX6)
小さい上に、ヤブの奥の方にいたので撮るのに苦労した。


[PR]
# by ryoi4141 | 2014-06-03 11:31 | 甲虫 - ハムシ

ゼニゴギンガクニクバエ

ゼニゴギンガクニクバエ
目の前を横切ったハエが白いものを付けているようで、あれ、どうしたんだ?
と、見たらなんと変わった顔をしているではないか。
b0070071_09545496.jpg
小さめのハエ。 昔家の中にハエが飛んでいた頃の大きさかな。
b0070071_09545476.jpg
むむ・・・
b0070071_09545454.jpg
(RICOH CX6)
調べてみるとゼニゴギンガクニクバエに似ている。
本当はどうなんだろう?
ゼニゴとは銭屋五兵衛とか?


[PR]
# by ryoi4141 | 2014-06-03 09:57 | ハエ、アブの仲間

シロツトガ

九州は昨日2日梅雨入り。 すると関東は14日頃か。
飼い犬のパピヨンが家の中ではうんちやおしっこをしないので、雨の日でも雪の日でも一日2回
外に連れて行かなくれはならない。
降りが激しいとずぶ濡れになるので可愛そうではある。

シロツトガ
薄茶の斑点が少ない。
CX6は得意のはずのマクロ撮影だが、なぜかピントが合いにくい対象だった。
b0070071_06212557.jpg
横にしてみた。
b0070071_06215386.jpg
(RICOH CX6)





[PR]
# by ryoi4141 | 2014-06-03 06:22 | 6月見た蛾

ホリカワクシヒゲガガンボ ♂

b0070071_07401611.jpg
山をくずして建てられた近所の団地内の小さな公園。
鈴懸の木が影を作ってさわやかな風が吹いている。

ホリカワクシヒゲガガンボ ♂
忘れていた頃、ふと出会う。
ハチと間違う姿だけど飛び方が下手。
b0070071_07402612.jpg
b0070071_09052749.jpg
これはバックライトを200%強調したもの。
背中の赤みが薄くなって、本来の体の色は失われても形はすごくわかりやすくなった。
b0070071_07404219.jpg
(RICOH CX6)
「クシヒゲ」ガガンボでした。



[PR]
# by ryoi4141 | 2014-06-02 07:44 | ハエ、アブの仲間

ヒメアシナガコガネ

ヒメアシナガコガネ
一緒にいたヒメマルカツオブシムシの1.5倍くらいの大きさ。
8ミリ前後。
お尻がかなりはみ出ているのが気になる。
b0070071_09020500.jpg
b0070071_09020554.jpg
(α550 +SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG)

b0070071_09020514.jpg
b0070071_09020524.jpg
(RICOH CX6)


[PR]
# by ryoi4141 | 2014-06-01 09:07 | そのほかの甲虫

キスジホソマダラ

キスジホソマダラ
特徴のある模様なので一度目にすると脳裏に焼き付く。
絶滅が危惧されているヤホシホソマダラ、会いたいものだ。

b0070071_13094410.jpg

b0070071_13094441.jpg
↓こちらは触覚がりっぱ。 ♂
b0070071_16044199.jpg
(RICOH CX6)




[PR]
# by ryoi4141 | 2014-05-31 13:10 | 5月に見た蛾

キシタホソバ

キシタホソバ(キベリホソバ)
ヒトリガ科コケガ亜科
久しぶりにホソバガ。
キマエホソバかも。
b0070071_12323392.jpg

b0070071_12323379.jpg
(RICOH CX6)


[PR]
# by ryoi4141 | 2014-05-31 12:32 | 5月に見た蛾

アメイロカミキリ

アメイロカミキリ
キイロカミキリモドキ?

初めてお会いする方であります。
で、調べているとキイロカミキリモドキのようだ。
しかしこの太い関節(?)に関しては誰もコメントしていない。
ええ? スルーするにはインパクトがあり過ぎると思うんだけど。
太い関節が気になってキイロカミキリモドキではないようだと思ったいたのだが、
偶然 カミキリ図鑑でアメイロカミキリを見つけた。
やれやれ・・・しかし見てくれている人が少ないのだなぁ、と、ちと寂しい気持ち。
(6月4日)

(RICOH CX6)
b0070071_11515713.jpg
大きさは下のジョウカイボンより一回り小さいかな。
b0070071_11553485.jpg
b0070071_11515702.jpg
調べているとトビイロカミキリ、と似たカミキリもいる。
そのほかにもトゲトゲヒメカミキリ、ヨコヤマヒメカミキリ、ナカネアメイロカミキリ



[PR]
# by ryoi4141 | 2014-05-31 11:59 | 甲虫 - カミキリ、ジョウカイボン

ハスジカツオゾウムシ

ハスジカツオゾウムシ
(RICOH CX6)
b0070071_10240697.jpg

犬の散歩で少し足をのばした。
朝日もあたらない畑の中で、気配を感じたゾウムシが死んだふり

b0070071_10240688.jpg

b0070071_10240635.jpg
せっかく死んだふりをしてくれたので、手のひらに。
13ミリほどかな。

b0070071_10240621.jpg

正体がよくわからないので起きるのを待ったが、こやつ我慢強いやつだ。
負けた。
b0070071_11041737.jpg

今朝(6月3日)また行ってみると同じ場所同じ葉の上にいた。
すぐまた死んだふりしたが、今回は背中を写せた。(6月3日)

b0070071_13220504.jpg
(α550 +SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG)
またまた今日4日昼間行ってみた。
同じ木の頂上の葉の上にいた。
今度は近寄って撮っても死んだふりはしない。
学習したのかな?

ちなみにこの畑は住宅地の中にあって、まわりにはまだ杉林がある。
狭いながら畑と山の間の小径のヤブにいろいろな種類の昆虫がいて、よく訪ねた場所だ。
長くいても全然飽きなかった。
ところがある日道の周囲から山の入り口まで、きれいさっぱり草が刈られると元に戻ることは
なかった。
6年ほど経って少し似た状態になったが、ここで昆虫たちをみかけることはほとんどない。
小径に草がせり出し、ほぼ前のような状態になり、よく観察すると昆虫もみかける。
植物の種類は少し減ったが、昆虫の種類はどうだか数日観察してみないとわからない。
ただこんな状態だとまた刈り取られる可能性が大きいな。
(6月3日)
いたいた、いっぱい昆虫や蛾がいた。
蚊に刺されるので、連れていたパピヨンが気になったが2時間近くいた。







[PR]
# by ryoi4141 | 2014-05-30 10:35 | 甲虫 - ゾウムシ、チョッキリなど